Learning Note

できるようになったことを記録しています

2列のCSVファイルを列ごとに別配列へ取り込む

拡張モジュールのnumpyとか使えばもっとスマートにできるのかも。

CSVファイルを1行ずつ配列へ取り込む

読み込んだCSVファイルを1行ずつappendで配列へ取り込んでいる。

appendの代わりにextendを使う方法もあるが、違いは以下の通り。

append リストオブジェクトそのものを追加 [["A"],["B"],["C"],["D"],["E"]]
extend リストの最後に追加 ["A", "B", "C", "D", "E"]

その後の処理に合わせて使い分ける。

CSVファイルへ1行ずつ出力する

csvモジュールのwriter関数で書き込みます。

VBEでシンタックスハイライトを設定する

熟練プログラマの作業画面を除くと、よく黒基調な画面で作業しているのを見かけます。
今までは「昔風な画面が好きなのかな?」程度に留めていましたが、自身でプログラムを書く時間も増え、その配色の意味を身をもって痛感しました。

VBEでも背景色や文字色を変更できるシンタックスハイライト機能があります。

メニューから「ツール」→「オプション」→「エディターの設定」


私が現在使用している設定

コードの表示色 前景 背景
標準コード 黄色
コメント 濃いグレー
キーワード 水色
識別子


Before

f:id:konifug:20170516004307j:plain


After

f:id:konifug:20170516004314j:plain


最初こそ戸惑いますが、慣れてしまえば白背景時と目の疲れが雲泥の差です。(個人の感想です)

Surface Pro3でスクリーンショットを取る方法

Surface Pro3のタイプカバーにはプリントスクリーンキーが無いため、
「Win」+「Fn」+「Space」キーを同時押しする。

タイプカバー無しの場合は、
本体の「Win」+「ボリューム‐」ボタンを同時押しする。

余談ですが、私がブログ用の画像を作成する場合は以下のような流れでスクリーンショットを加工しています。

スクリーンショットを撮る
・ペイントに貼り付けてjpg等で保存
・XnViewで必要箇所選択し、トリミング
・XnViewで[画像]->[リサイズ]で横幅を1024に合わせてリサイズ